日々のこと3-アセンションをつくる近未来のこと


★2022年2月11日

意識の開花が進む中、いろいろなことが分かって来ました。

アセンションする意識は五次元に到達している場合、この三次元世界に実体はありません。何故なら本来の軌道は五次元にあり、実像が実体を映し出しているからなのです。したがって物理的次元界の記憶を消せば、消えて行くのです。(※これは平行する宇宙と共に消えて行く、ドップラー効果と同じです)。

 

アゼツライトを持つ人達は、アゼツライトを持たない人に比べると宇宙遺伝子との整合が早く、クォンタムラインとなるロスタイムは回避されます。ニューワールド。

このタイムラインは宇宙軌道にあるものと同じです。時間軸の整合こそが、これからのアセンションをつくる道です。

 

2012年にタイムリンクしたのは一部の遺伝子たちだけです。この統合により、様々な軌道が変化しました。タイムラグも、その一つです。クォンタムラインはタイムラグを起こすと崩れるのです。残りは、規定通りに動いて整合しなければ変わることがありません。

 

これから時間軸の規定により、仲間の遺伝子の分子化が始まれば、同じものが見えてきます。そして意識の統合は、2026年にピークを向かえます。

この軌道がタイムラインを超えるのです。


意識のイントロダクションは2026年にピークに向かいます。

それは予期せぬ出来事のようですが、人体に設置された電磁波層は動き出すと止まることがありません。時間は元に戻るのです。そしてロスタイムは回避されます。

 

それは2024年、11月に降りて来るオリオン座流星のエネルギーにより、もたらされます。チャネリングによると【オリオン座流星群は、かなりのスピードで降りて来る。その遺伝子群の崩壊は凄まじいだろう】とのことです。関連記事




※クォンタム=量子。

※ロスタイム無駄にした時間。

※タイムリンク時間を繋ぐこと。

※タイムラグ二つの現象や出来事の間に生ずる時間のずれ。

※タイムライン時間軸。

※イントロダクション導入。

アセンション
日々のこと3-アセンションをつくる近未来のこと